徳田 尚美 とくだ なおみ

創立メンバー◆劇団員

5月1日生まれ おうし座 O型

 劇団代表。脚本・演出を徳田ナオミとして担当。

 前代表である今は亡き天野衡児の遺志を受け継ぎ、

オリジナル伽羅倶梨ワールドの創作を続けている。

 徳田のオリジナル作品は25作品を越えた。

1980年の創立以来「伽羅倶梨一筋」振り返ればコレと言った

趣味がない事に気付き、本人は少々焦っているらしい。

そんな徳田が幸せを感じる瞬間は、ゆっくりと湯船に浸かっている時と、

 公演終演後にお客様をお見送りする時だという。

 劇団主催「ナオミのドラマティックワークショップ」は、10年来継続中!

 伽羅倶梨養成所講師、プロダクション演技講師なども務めている。

テレビドラマの出演も多い。

 

■ライターズカンパニー所属



■伽羅倶梨の舞台出演

1980年の創立以来、ほぼ全作品に出演

 

■客演・舞台出演

2011年 芝居屋*彼誰刻
  『今夜も雨が降る。少しづつ何もかも怖くなった』
   
2012年 くじら椅子project『ヒトが傷つかない魔法』
   
  いるかHotel『木曜組曲』
   
2013年 吹田メイシアタープロデュース公演『舞姫』
   
2016年 八尾プリズムホールチャームプロダクションシリーズ
  『鏡の中の秘密の池』
   
2017年 劇団SE・TSU・NA『座敷おやじ』
 

 

■演出

2011年 朗読劇団あめんぼ座 ウイメンズストーリー
  『楽屋』『カーネーション』
   
2017年 朗読劇団あめんぼ座 西垣瑩子追悼公演
  『とりつくしま』
 

 

■脚本

ラジオドラマNHK
「関西発いのちのラジオ」大災害つながる力があなたを救う